大会案内

学術大会のアナウンス

大会プログラムとタイムスケジュールはこちらをクリックしてください。

日本精神分析協会 第42回 学術大会 日本精神分析協会 第42回 学術大会

名称

日本精神分析協会 第42回 学術大会

会期

2024年6月8日(土)午後〜6月9日(日)午後

会場

TKP東京駅カンファレンスセンター(東京都中央区八重洲 1-8-16)

参加費

会員・精神療法家・会友:12,000円
候補生・研修生:10,000円
一般(守秘義務を持つ臨床家の方): 6,000円(定員100名)

参加登録

オンラインでHPからおこないます。
申し込み期間:2024年3月1日〜4月15日
申し込みフォームが出来次第、更新・通知いたします。

プログラムの概要

【2024年6月8日(土)午後】13:00〜15:15、15:30〜17:45
内容:クリニカルグループ(事例検討)
時間:2時間15分×各会場2セッション
会場:4会場(合計8セッション予定)

セッション 事例提示 討論 司会
1 鈴木智美 池田暁史 加藤隆弘
2 妙木浩之 西見奈子 岡村斉恵
3 小波藏かおる 奥寺崇 浅田護
4 吉村聡 古賀靖彦 北村麻紀子
5 衞藤暢明 藤山直樹 岡田淳子
6 玉田幸 松木邦裕 渡部京太
7 河野恵理 北山修 関真粧美
8 山口貴史 髙橋靖恵 髙野晶

※1日目終了後、会場内で懇親会を行います。

【2024年6月9日(日)午前】9:00〜12:00
9:00-10:25
講演と討論①「鎖国と江戸的なもの」
講演: 藤山直樹
討論: 北山修
司会: 相田信男

10:35-12:00
講演と討論②「後期ビオンの技法論」
講演: 松木邦裕
討論: 福本修
司会: 古賀靖彦

会場:1会場(総会形式)

【2024年6月9日(日)午後】12:50~14:50、15:00~17:00
内容:パネル、候補生の会の企画、精神療法家センターの企画、一般演題
時間:2時間×各会場2セッション
会場:4会場で同時進行

パネル①
「日本人の罪意識をめぐって」
企画者  :北山修
司会者  :伊藤幸恵
パネリスト:北山修、奥寺崇
討論者  :加茂聡子

パネル②
「子宮と臍帯―包むものとつなぐもの」
企画者  :小川豊昭
司会者  :岡田暁宜
パネリスト:福本修、田中克昌、日下紀子
討論者  :小川豊昭

パネル③
「精神分析からみた児童精神医学臨床」
企画者  :相田信男
司会者  :相田信男
パネリスト:渡部京太、衞藤暢明
討論者  :加藤隆弘

パネル④
「治療者はセッションの中でどのようにして分析家になるのか」
企画者  :古賀靖彦
司会者  :清野百合
パネリスト:藤山直樹、吾妻壮、古賀靖彦

候補生の会の企画
「精神分析家への訓練、そのリアル」
司会者  :岡村斉恵、須藤将司
説明者  :岩永洋一
パネリスト:衞藤暢明、岡本亜美、岡田淳子

精神療法家センターの企画
「対面法を考える」
司会者  :髙野晶、飯島みどり
パネリスト:髙橋靖恵、日下紀子、伊藤幸恵
討論者  :妙木浩之、柴田俊祐

懇親会

参加費:6000円(先着80名)
日 時:2024年6月8日(土)18:00~19:30
場 所:TKP東京駅カンファレンスセンター ホール10A

日本精神分析協会では、毎年定期的に学術集会を開催し、精神分析の理解を深める機会としてきました。
これまで参加者は協会関係者に限られていましたが、今回から協会関係者以外にも参加枠を広げ、オープン化いたします。
ワーキング・グループ(WG)の定期的な話し合いに応じて、随時情報を更新いたしますので、どうぞよろしくお願いします。
(2024年2月20日更新)

学術大会